せどり初心者の方がせどりを始めて、
売れないという話はよく聞きます。

せどりで儲からない、売れないというのは、
初心者だけでなく、利益を上げているせどらーでもあることです。

ただ、中級者以上のせどらーは大量に出品をしているので、
儲からないせどりがあってもそれは微々たるマイナスなので、
大して問題にならないのです。

私自身もせどり初心者のころは売れなくて苦労した記憶があります。

このサイトでも儲からないせどりの改善法やノウハウをいろいろ書いていますが、
やはり一番大事なのは経験です。

とにかくせどりの仕入れから発送までの流れを実際に経験することは大事だと私は思っています。

いらないものを出品してみる

そこで、私はこれからせどりを始める人には、
自分の家の不要なものでサーチをかけて、
そこから価格差のあるものを出品してみることをおすすめしています。

ここで書いているようにモノレートFBA料金シミュレーターを駆使して、
仕入れを行っているとなかなか商品が見つからなく、出品まで行けません。

仕入れにもお金がかかりますし、
誰だって儲からないせどりはしたくありません。

家にあるものなら、とりあえず在庫はあるので、
出品、価格改定、発送までを経験することができます。

もちろん、この際、ある程度、利益の出るものであればなおさらいいですね。

せどりは儲からない、売れないと出だしで怖気付いていると、
なかなか実際の出品までを行えません。

経験はとても大事です。売れれば、次へのモチベーションにつながりますしね。

せどり初心者の方は、
まずは家にある不要なものをAmazonに出品してみるのも私は手だと思っています。

せどりは仕入れ作業に時間を最も使います。

仕入れた商品を出品したときの達成感はなんともいえないものがあります。

せどりで儲からない人のせどりはここで終了です。
…しかし、ここで儲けるせどりはここで終わりじゃありません。

商品の価格の改定が必要になります。
出品者が他にもいる場合は、
ライバルとの価格競争に競り勝っていかなくてはいけません。

儲からないせどりは価格改定が原因??

Amazonの特徴として、
出品者が最安値順で表示されるということがあります。

もし、あなたがお客さんとして、
Amazonで商品を購入する場合、出品者のどこを見るでしょうか??

第一に見るのは価格です。
コンディションも重要ですが、中古品の場合は、
商品に欠落がない限りは基本的には最安値の商品から購入をしていきます。

逆にいえば、
価格さえ安ければ売れるのがAmazonです。

せどりで儲からない人は出品で満足してしまい、
そのあとの価格改定を怠っている可能性があります。

ライバル出品者が出品価格を安くしている中で、
価格改定をしていないと当然、売れることはありません。

最安値は狙わなくてもOK

出品をしたら、
ライバル出品者の価格改定に合わせて、
出品状況のチェックをしましょう。

頻度としては数日に1回程度でいいでしょう。

最安値に設定をすれば、
売れる確率は上がります。

…しかし、ライバルも最安値を狙ってきます。

これが繰り返させるとどんどん価格が下がっていき、
利益は減り、儲からないせどりになってしまうわけです。

ある程度、経験のあるせどらーなら、
敢えて2番安や3番安を狙ってきます。

これは価格競争を下げるためでもあり、
最安値が売れれば、順当に売れるという予測のもと行っているのです。

ライバルが多い場合、最安値を狙うのはあまり得策ではありません。
最安値付近での2番安、3番安を狙っていくのが価格改定のコツです。

せどりで儲からないパターンとして、
仕入れた商品は売れたが、儲けにならないことがあります。

これはなぜ起きるのかというと、
価格差のみで利益を計算しているからです。
仕入れから発送までは当然、諸費用がかかります。

それだけはありません。

儲からないせどりをしている初心者が見落としがちなのが、
Amazon手数料の存在です。

Amazon手数料は価格が高いほどかかる

Amazon手数料とは出品をして、
その商品が実際に売れたときにAmazonへ払う手数料です。

商品ジャンルによって手数料のパーセンテージは異なりますので、
一度、チェックをしましょう。

カメラなどの家電類は8%ですが、書籍やDVD、CDは15%と割高です。

せどり初心者の多くが、
本やCD、DVDから入るので、この手数料の計算を考慮せずに、
仕入れ⇒販売⇒売れても赤字⇒せどりは儲からない…

となってしまうのです。

モノレートで仕入れ商品が決定したら、
最後に実際にどれくらいの利益がでるのかをFBA料金シミュレーターで計算しましょう。

FBA料金シミュレーターなら、
販売手数料まで割り出してくれるので誰でも利益を知ることが可能です。

画像のように、
仕入れ値とAmazon販売価格を入れて、
送料計算などを行えば、すべての諸費用を引いた利益を出すことができます。

一見すると、価格差だけでかなりの利益のでるものでも、
しっかり計算すると100円くらいしか利益にならないなんてことはけっこうあります。

儲からないせどりを改善するためにも仕入れ前には、
FBA料金シミュレーターのチェックを必ず行ってください。

せどりで儲からない原因として、
まず第一にあげられるのが、そもそも仕入れがうまくいっていないということです。

とにかく最初は仕入れに時間を使いましょう。

儲からないせどりからの脱却のカギはモノレート

まずはAmazon価格と仕入れ値の価格差がある仕入れ候補を探します。
この作業はツールがあるとかなり効率的に仕入れ候補を探すことができます。

仕入れ候補を探しだしたら、
モノレートの出番です。

モノレートはAmazonでの特定の商品のランキング変動を把握することができます。

1か月のAmazonランキングの変動回数を知ることは、
つまりは1か月にどれだけその商品が売れたかを知る手がかりになります。

それだけでなく、
モノレートは売れた商品が新品なのか中古なのかまで予測することが可能です。

(参考動画)

つまりはほぼモノレートで、
どれくらいの価格で売れば、どれくらいの期間で売れるかがわかるのです。

このチェックをクリアしたものが仕入れの対象になります。
実際にやってみるとわかると思うのですが、ここまでをクリアする商品はかなり少ないです。

しかし、これをクリアさえすれば、
出品すればある程度の期間で実際に売れるはずです。

せどりは儲からないのではなく、
楽して儲けようと思っている人が儲からない仕組みなのです。

しっかり仕入れリサーチをすれば限りなく儲かるせどりができるはずです。

せどりで儲からないのには大きく分けて2つのパターンがあります。

仕入れた商品が売れない

仕入れた商品は売れたが、儲けにならなかった

おそらく、せどりは儲からないといっている人の多くは、
上のパターンの出品したけど売れなかったという人だと思います。

売れないと儲けがでないどころか、
仕入れ値分の赤字になってしまうので痛いですね。

下のパターンに該当する人も初心者では結構います。
意外ですが、計算や売上高をしっかりしていない人が多いのです。

送料や梱包などの諸費用と仕入れ値から売上を引いて、
きちんと利益が出ているのかをチェックするのは重要です。

せどりは仕入れ作業と売れるときは楽しいので、
計算をついつい忘れてしまいがちです。
気づかない間にあなたのせどりは実は儲かっていない可能性もあります

しかし、これらすべては、
仕入れを行う段階でチェックすることが可能です。

せどりが人気なのは、
利益をある程度、予測できることにあるのです。

せっかく時間を割いて、せどりをやってるのですから、
儲からないせどりをするのはやめましょう。

ただ、実は、儲かっているせどらーたちも、
儲からないせどりをやっている人がほとんどです。

すみません、ちょっと言葉がおかしいですね。

彼らは儲からないせどりをやってる部分もあるけれど、
儲けている部分のほうが多いので、トータルで稼いでいるわけなんです。

つまりは儲かっているせどらーは、
膨大な出品数により利益を得ているわけです。

初心者の方もせどりに慣れてきたら、
どんどん出品数を増やしていくといいでしょう。

でも、まず、せどりを始めるのであれば、
儲からないせどり、マイナスリスクをできるかぎり減らしていくことを考えていきましょう。

これが後々役に立つはずです。

仕入れは利益とAmazonランキング、回転率を見る

一般的にその商品の単価が高いほど、売れた際の利幅は大きくなります。
家電やフィギュアなどがこれにあたります。

逆に、商品の単価が低いものは利幅はあまり大きくありません。
本やCDなどがこれにあたりますね。

ハイリスク・ハイリターンをとるかはその人次第ですが、
どちらにもいえることは、
利益が出る商品を見つけてもそれが売れなければただの赤字になる、ということです。

多くの人はここで利益だけに目がいき、
売れない商品を仕入れてしまい、せどりは儲からない…と嘆くわけです。

そのために一番大事なのは商品の回転率、つまり人気です。
回転率がある商品ならば、出品すればこれくらいの期間には売れるだろう、と予測ができるわけです。
商品に欠陥があったり、よほど高くしない限りは売ることができます。

この回転率はAmazonランキング
モノレートというAmazonでのランキング変動数や回転率を調べるツールで調べることが可能です。

よく初心者がやってしまいがちなのが、
Amazonランキングしか見ないで仕入れをしてしまうことです。

Amazonランキングは全く売れていなくても一つ売れただけでランキングが一気に上がるため、
安心できる判断材料になりません。モノレートを使う癖をつけましょう。

送料などの手数料もかかるので、
実際にどれくらいの利益を手にすることができるのかを調べるにはFBA料金シミュレーターを使いましょう。

仕入れの手順としては以下のような感じです。

①店舗せどり、電脳せどりどちらでもまずは価格相場を調べる

②利益が出そうな商品はAmazonランキングモノレートを使い実際に売れそうか調べる

③利益が出て、なおかつ回転率のある商品を最後にFBA料金シミュレーターで計算

「えー、なんかめんどくさい」とおっしゃる方もいるでしょう。

しかし、仕入れをしっかりやっておけば、
せどりの6割以上は完了しています。

仕入れは自分の元手を削っているので、
赤字にならないためにも絶対に疎かにしてはいけません。

ただ、まだせどり自体に慣れていない方は、
とりあえず仕入れから出品をやってみるのもありだと思います。
ただ、仕入れ値が低いものを仕入れましょう。

せどりは経験もやはり重要です。
まずは仕入れから出品、売れるまでを体験することで、
問題点を探しだし、自分のせどりはなぜ儲からないのだろう??と考える姿勢こそ、
儲かるせどりへの近道だと思います。

せどりで儲からないのは仕入れのせい??

せどりの基本理念は「安く買って、高く売る」です。
いろいろなサイトなどでせどりで稼ぐためのコツや方法を紹介していますが、
どんな方法を使うにせよ、良い商品を安く仕入れることができればそれが一番ですし、
高く売ることができるならばそれに越したことはありません。

せどりで儲からなかった人の多くは、
仕入れた商品が売れなかった、つまりマイナスのまま終わってしまった人です。
せどりで儲からないのは在庫が売れなかったって人がたぶん一番多いんだと思います。

「戦は始まる前に既に決している」なんて言葉がありますが、
せどりもこれと同じです。

人気の回転率の高い商品を仕入れることができれば、
ほぼ確実に売ることができます。

あとはどれだけ利益を手に入れることができるかになります。

出品はAmazonにまずは絞る

幸い、現代では店舗に行ってもスマホ一つでAmazonやその他ネットサイトの価格を比較できます。

出品をするネットサイトもAmazonだったりヤフオクなどありますが、
まずはAmazonに出品を絞るべきです。

Amazonはこちらがなにもしなくても人が集まってくる世界最大のネット販売サイトなので、
出品するのには一番適しています。

ヤフオクは1円出品などが乱立しており、
せどりで儲けることを目的としていない人も多いため、あまり利益になることは少ないと思われます。

ヤフオクなどのオークションサイトはむしろ、仕入れに活用すべきです。

よく、「今は家電せどりが熱い!!」「本せどりは儲からない!!」とか
いろいろなブログで書かれているかと思います。

それで、結局のところ、どのジャンルが儲かるの??
といわれると、それは人それぞれというしかありません。

それよりもこれからせどりを始める人は、
自分がなにが好きかで考えたほうがいいです。

ジャンルは得意なものから始めるのがベスト

音楽が好きな人はCDせどりを映画が好きな人はDVDせどりから始めていけばいいと思います。

そのほうが、仕入れが楽しいです。
安易な考え方かもしれませんが、この仕入れ作業は「手間」です。
せどりは結局のところ、作業量に比例して儲かるビジネスです。

なんだかよく分からず、
目先のノウハウなどに惑わされているとせどりで儲けは出せません。

この手間を和らげるためにも好きなジャンルから始めるのが正解なのです。
仕入れが楽しいと思えば勝ちですね。

それだけでなく、消費者としてあなたがそのジャンルの商品を購入していた過去が実はとっても大事です。
そのジャンルに関して、少なからずあなたは知識・情報を持っていることになります。

これを有効活用するためにもジャンルは自分の好きなジャンルから始めましょう。

せどりは平たく言えば買い物と似ています。
そして自分も含めて消費者の観点から商品を見ることがとっても大事なビジネスです。

あなたも買い物をしたことがあると思います。
そのときのあなたは限りなく消費者目線で商品を見ていたはずです。

せどりはこの視点をしっかり持ってる人がいわゆる儲かる人に繋がるのです。

今は誰でもスマホで価格の相場を把握することが可能ですし、
Amazonという集客率の高い大きな市場があります。

市場と情報、そのどちらもが誰の手にもある、ということです。

なので、せどりは知識がなくても参入できる副業ということで人気があります。
ライバルが多くなってせどりは儲からないっていう人も結構います。

この状況で実際にせどりで儲かるためのコツは、
ライバルがなるべく少ないもので利益を狙っていくことが大切。ということになります。
また、作業の効率化を徹底することも大事です。

仕入れの方法は2つある

では、実際にライバルの少ないものはどういうものなのか、という話になりますが、
DVDせどりがおすすめ!とか家電せどりがいい!とか細かいジャンルの話はまた別の機会として…

せどりには大きく分けて2つの方法があります。

ブックオフなどの中古店での仕入れを行う「店舗せどり」と
ネット販売サイト、オークションなどから仕入れを行う「電脳せどり」です。

最近ではこれに加えて、
海外Amazonなどから仕入れを行う「Amazon輸入せどり」などもあります。

電脳せどりは儲からない??

で、10年前は自分の足で店を見つけて、
仕入れを行う店舗せどりが流行ったのですが、
だんだんとネット販売サイトの普及とともに、
ネットさえつなげれば、仕入れも出品もできる電脳せどりに移り変わっていきました。

今は初心者も上級者もともに、
店舗せどりよりも電脳せどりをやってる人が多いかもしれません。

ネット販売、オークションサイトは有名どころは本やCDどのようなジャンルであれ、
すでにだれかが仕入れている、または手をつけている可能性が高いです。

なので、新たなネット仕入れ先を探すか、
店舗での仕入れも考慮にいれるといいと思います。

もちろん、住んでいる場所にもよりますが、
個々の店舗は実際に行ってみないと価格の相場は分かりません。

もし、良いリサイクルショップや中古店を1つ見つけてしまえば、
それだけで儲けることもできちゃうわけです。

<まとめ>

・せどり人口過多により、昔よりせどりで儲からなくなっている
・なるべくライバルのいないところから仕入れを行うのが大事(店舗せどりはこれからも重要
・時間の効率化が作業能率を上げ、儲かるせどりにつながる

よく、せどりで儲からないとか売れないとか言われていますが、
実際に稼いでいる人は今でも稼いでいます。
有名せどらーなどは月に50~100万ほど儲かっているようです

ただ、10年前よりも儲からなくなっているのは確かです。

せどりが儲からない原因|利益率の低下

数年前からスマホの流通とネット副業のブームで、
知識無しでもできるせどりに参加する人が増えました。

ライバルが多くなるとその分、競合する人が増えますから、
自ずと価格競争が発生し、売り上げが小さくなってしまいます。

また、数年前に利益がコンスタントに出ていたジャンルや商品も、
今は新規せどらーに食い荒らされてしまい、ジャンルによっては利益が出なくなっています(例えば1円本)。

せどりが儲からない原因|仕入れた商品が売れない

価格相場をネットで調べて、
仕入れ値と売値から利益の大きい商品を探し当てても、
それが売れなくては意味がありません。

というより、これが売れないと、
赤字になってしまいます。

せどりが儲からないという人の多くは、
赤字になって辞めてしまった人なのです。

売れないせどりをしないためには、
仕入れの段階で売れる商品、つまり回転率のある商品を選んでいかなくてはいけません。

幸い、せどりに関するツールは数多くあります。
回転率やAmazonランキングの推移を調べる鉄板ツールが「モノレート」です。

モノレートがあれば、
その商品がどれくらいの期間で売れているのかが分かります。

せどりをする上でまず抑えておきたいツールです。